■最新情報

 
―2020年2月、『花火の陰』が三越劇場に再登場します―
 
2017年5月に村松みさき脚本・演出で上演され、全ての回がキャンセル待ちとなった舞台『花火の陰』。当時から再演の声を多くちょうだいしておりましたが、このたび、新しいキャストスタッフにより再演が決定しました。
 
【重要】
チケットのご予約などは、本サイトの「お問い合わせ」から可能です。メールはマネージャーにも同じものが同時に送信されます。
 
2020年2月5日(水)~2月10日(月)
三越劇場
 
・2月5日(水)19:00
・2月6日(木)19:00
・2月7日(金)19:00
・2月8日(土)13:00/18:00
・2月9日(日)13:00/18:00
・2月10日(月)14:00
 
 
脚本…村松みさき(村松みさきプロデュース)
演出…わかばやしめぐみ(おぼんろ)
 
元・宝塚娘役トップスター大鳥れい、演劇集団キャラメルボックス看板俳優の岡田達也、元劇団四季笠松はる、元NHK『おかあさんといっしょ』のきよこお姉さん、元AKB藤田奈那、『黒子のバスケ』石田隼、『教師びんびん物語』で一世を風靡した野村宏伸らを招いて、演出には、わかばやしめぐみを迎えます。
 
―『花火みたいな人生を歩めて、羨ましいです』
 
―『花火が綺麗なのは一瞬だけだから。そのあとの行方を、誰も知らないし、知ろうともしないでしょ』
 
過去と現在が静かに交錯するノスタルジック・ファンタジー。
村松みさきの世界観が、伝統と格式の三越劇場に登場します。
 
〇企画・製作
『花火の陰』2020製作委員会・東映ビデオ
 
〇公式Twitter
@hanabinokage
 
 
■マスコミを通して発表した村松みさきのコメント
『花火の陰』の初演は2017年5月、それから2年半の時を経て再び上演される運びとなりました。しかも三越劇場で! 自分の創りだした人物たちがまさかこんな素晴らしい劇場に再登場する日が来るとは……これには私自身が一番驚いています。新しいキャストさんスタッフさんがきっと客席の皆様を切ない時空の旅に連れて行ってくれることと思います。劇場でお会いできることを楽しみにしております。村松みさき